トップページ > 和歌山の霊園、墓地 > 高野山中之橋霊園

高野山中之橋霊園

高野山中之橋霊園「

鎌倉初期の歌僧、慈鎮僧正が「ありがたや高野の山の岩陰に大師は今だおわしまする」と詠んだ高野山には、弘仁七年(816年)に、弘法大師・空海が開山した霊峯です。
この高野山には、大門や総本山金剛峯寺をはじめとする寺々が存在し、千二百年という悠久の時が流れ、幽玄なる世界が広がっています。
中之橋霊園はそのような高野山に広がる永遠の安息地です。和歌山九度山町の墓地霊園、高野山中之橋霊園です。

スポンサードリンク

サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2006 霊園・お墓の情報庫. All rights reserved